基本的にビンボー旅行

旅に行ったり御朱印もらったり趣味の忘備録

伊香保温泉の石段の途中にあるおまんじゅう屋さん田中屋

伊香保温泉といえば石段というほど誰もが思い描く景色だと思います。

実際に石段にそって温泉の源泉が流れ、左右の宿や日帰り温泉施設に供給されているので、この辺りの宿に泊まれればザ・伊香保を体感できる事でしょう。

わたしは離れたところに宿泊したので石段まではバスやタクシーを利用して観光しに来ました。

  

f:id:bukobuko1126:20171003172051j:plain

 バスを降りるとすぐ目の前に石段が広がっています。

キレイに整備された石段は上に行くほど幅は狭くなり、お土産屋が立ち並び、大きな旅館もあったりして雰囲気が出てきます。

 

伊香保は戦いで負傷した兵士を癒す目的で真田昌幸が石段も含め整備し、温泉街としたそうです。

タクシーの運転手さんに教えてもらったのですが、伊香保神社が近くなると石段街はクランクの升形に設計されています。さすが戦上手の昌幸だなぁ、と思いました。

 

f:id:bukobuko1126:20171004100720j:plain

ここから365段。

2010年に整備された際に365日賑わうようにとの意味合いでこの数が押されるように… 

 

f:id:bukobuko1126:20171003172147j:plain

温泉街の戦略にまんまと乗っかって、誕生日の石段に立ち写真を撮りました。 

 

f:id:bukobuko1126:20171003172209j:plain

365段登り切ると伊香保神社への参道と続きます。

 

bukobuko1126.hatenablog.com

 

 

 f:id:bukobuko1126:20171004090335j:plain

石段街でいくつか見かけた温泉まんじゅうのお店。

どこが美味しいとかリサーチしていなかったので目に留まったお店に並びました。

  

f:id:bukobuko1126:20171004090355j:plain

f:id:bukobuko1126:20171004090412j:plain

並びながら製造工程が見られます。

2名体制で手際よくあんを包み、セイロに載せ、板で平らになるよう押しつけ、粉を振り、蒸し器へ。

お客さんの様子を見ながら作っているようなので少し待ちが出たりしますが、温かいのを包んでくれます。

  

f:id:bukobuko1126:20171004090429j:plain

1個売りもしてて90円。箱入りだと少し割高になります。

ほんのり温かく、皮が少ししょっぱくて、こし餡は適度な甘さ。

昔ながらのおまんじゅうは美味しかったです。

 

石段街の奥にある伊香保神社へ参拝

石段365段を登りきると伊香保神社の参道がはじまります。

群馬県の三宮だそうで、由緒正しい神社です。

 

 一の鳥居

f:id:bukobuko1126:20171004144815j:plain

 石段から繋がっていることもあり参拝者が後を絶ちません。

 

手水舎 

f:id:bukobuko1126:20171004144907j:plain

  

二の鳥居

f:id:bukobuko1126:20171004144941j:plain

 参道でもある石段はここまで。鳥居をくぐるとすぐ右側に拝殿。

 

拝殿

f:id:bukobuko1126:20171004145003j:plain

 お参りするのに列をなしています。

滞在時間10分ほどですが列が途切れる事なし。

 

御朱印

f:id:bukobuko1126:20171004145024j:plain

書置きとなります。

有人の授与所は無くお賽銭箱の右隣に台が置かれ、そこにお守り、絵馬、御朱印があります。

初穂料をお納めする箱も一緒に置いてあるのでそちらへ各々、奉納します。

 

丸の内 和久傳でおぜんざい

丸の内店 茶菓 | 和久傳(わくでん)

 

超絶高級店でした。

わたしのような庶民がうっかりでも足を踏み入れてはいけないお店だったのですが、この直前に気分が良くなることがあったので調子にのってしまいました。

 

f:id:bukobuko1126:20170116163640j:plain

京都にある老舗料亭の和菓子専門店。

店内は和菓子の物販と喫茶スペースが混在しており、入口を入ってすぐにL字のカウンター席、店の奥にテーブル席があります。 

 

メニューを渡されて驚愕Σ( ̄□ ̄ ||

よくあるお菓子とお茶のラインナップではあるもののお値段が倍以上ですよー2000円を下回る商品がありませんよー

 

あまりにも世界が違うので悩む余地なし。

食べたい物を素直に選んでぜんざいにしました。

お店の人から「ぜんざいですね?」と確認されて、ブルジョワ感を味わいながら注文を済ませました。

 

ぜんざいとほうじ茶のセット

f:id:bukobuko1126:20170116163549j:plain

上品なお味でした。

お餅の焼き加減も上出来ですし、甘さもくどくないし、何より小豆がふっくら大きくって美味しかった。

付け合わせがちりめん山椒なのも良かったです。大好物。

 

できたてわらび餅と抹茶のセット

f:id:bukobuko1126:20170116163625j:plain

お友達が頼んだんですけど、せっかくなので一口いただきました。

もちろん当たり前に本わらび粉!黒くて、柔らかくて、弾力が違う!

注文をうけてから作るので温かいまま提供されます。

 

器も使いやすく可愛いらしい。

たまにはねー高級なお店もいいかも。ははは。

 

京急沿線にある天祖諏訪神社と荏原神社へ参拝

濱川総鎮守 天祖諏訪神社

 

京浜急行沿線にある2つの神社へ参拝してきました。

まずは立会川駅から徒歩3分程度の「天祖諏訪神社」へ

大井競馬場へ向かう途中にある神社で開運、厄除けなどの他に勝負事にご利益があることで有名。

 

拝殿

f:id:bukobuko1126:20170125194306j:plain

 

手水舎

f:id:bukobuko1126:20170125194221j:plain

 

勝守について張り紙

f:id:bukobuko1126:20170125194354j:plain

嵐の相葉さんがテレビ番組のコーナーでBABA抜きに負けないようにと参拝し「勝守」を拝受されました。

結果は見事に勝利され、嵐人気と相まって絶大な効果から売り切れとなっております。

1月28日から再配布となりましたが1月31日に再配布終了し、これからは奉製でき次第、配布となるようです。

 

 鳥居

f:id:bukobuko1126:20170125194124j:plain

京急立会川駅から向かうと、こちらの鳥居から参拝するにはグルっと神社の敷地を超えていくことになります。

 

 

東京都品川区鎮守「荏原神社」

 

続いて向かったのが京急新馬場駅にある「荏原神社(えばらじんじゃ)」で駅から徒歩5分程度とすぐ。 

 

鳥居

f:id:bukobuko1126:20170125194447j:plain

鳥居の側に早咲きの桜が咲いていました。

 

手水舎

f:id:bukobuko1126:20170125194534j:plain

 

拝殿

f:id:bukobuko1126:20170125194620j:plain

龍の彫刻などが施されていて見応えのある素敵な拝殿。

 

鎮守橋

f:id:bukobuko1126:20170125194713j:plain

神社の脇を流れる目黒川にかかる朱塗りの「鎮守橋」は趣があって思わず橋の途中で立ち止まって写真を写したりしたのですが…

 

f:id:bukobuko1126:20170125194742j:plain

こんな立て看板を発見!!

老朽化のため速やかに通行してくださいとのこと∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

御朱印(通常)

f:id:bukobuko1126:20170131070001j:plain

東海七福神でもある2つの神社は天祖諏訪神社は福禄寿さま、荏原神社は恵比寿さまの御朱印も元旦から15日までいただける様です。

 

野毛センターグリルでスパランチ

米国風洋食レストラン センターグリル

 

ほぼタイトルに記載済みではありますが…横浜野毛にある洋食屋「センターグリル」でランチを食べてきました。

その昔、横浜西区に住んでいた頃によく通ったお店で安くてボリューム満点!そしてどこか懐かしい味。

夜になるとディープでいかがわしい感が漂う繁華街だけどお昼はちょっと寂しげな野毛で土日のお昼には行列ができている人気店です。

本店とちょっと先の角を曲がったところにある支店とで営業していて、L字になっているこの2店舗はどうやら厨房が繋がっているっぽい。

列に並ぶのは本店の店先のみで順番になったらお店の方がどちらかへ案内してくれる仕組み。

メニューを見ながら並んでいるので時間はそんなに気にならないし、今までも5組ぐらいが待っていても10~20分ぐらいしか並んだ記憶がないので大変ありがたいお店です。

 

頼むメニューはだいたい決まっていて、スパランチ770円(ナポリタン+チキンカツ+サラダ+ライス)か浜ランチ1,050円(白ごはんのオムライス+チキンカツ+サラダ)の二択。

写真はスパランチのライス少な目でノーマルはこの倍ぐらいライスの量があるので普通の食欲な女子は食べきれないと思います。

 

スパランチ/ライス小

f:id:bukobuko1126:20170117105632j:plain

ケチャップ味のナポリタン発祥の地と大々的に言ってますが、信憑性のほどは良く知らないとしても、甘酸っぱいケチャップ味に少し太麺の柔らかいスパゲティはクセになること間違いなしの美味しさ!!

桜木町へいらした際には駅向こうのみなとみらい地区だけでなく、野毛へもどうぞ~

 

 

星川杉山神社に参拝して限定御朱印と御朱印帳をいただいた

星川杉山神社

 

年始すぐにTwitterで流れ始めた可愛らしい限定御朱印と御朱印帳を見て”これは行くしか!”と友人と計画を立てて行ってきました。

 

相鉄線星川駅から徒歩10~20分程度でしょうか。

小高い丘の上に鎮座していますので行きの方が時間がかかると思います。

思いますというのも…坂道がけっこうキツイらしいのでJR横須賀線保土ヶ谷駅からバスで向かいました。

保土ヶ谷駅と横浜西口を結んでいる市バス25系統で「明神台下」で下車して緩やかな上り坂を徒歩5分ほどで到着です。

バスの乗車時間も保土ヶ谷からは10分ちょっと、横浜からは20分程度、運転間隔も10~15分に1本ほどありますのでそんなに不便ではないかと思います。

帰りは星川駅まで歩いて帰りました。

 

鳥居

f:id:bukobuko1126:20170116164445j:plain

 

手水舎

f:id:bukobuko1126:20170116164519j:plain

 

年末の茅の輪

f:id:bukobuko1126:20170116164545j:plain

 

拝殿

f:id:bukobuko1126:20170116164627j:plain

1月の中旬ということでお札や破魔矢をお納めしたりと参拝の方もけっこういらっしゃってました。

周りを大きなマンションが何棟も囲んでいて氏神様としての役目も大きいのでしょうか。

 

限定御朱印(2月3日まで)

f:id:bukobuko1126:20170115233201j:plain

酉年の可愛らしい御朱印は2月3日までの限定でゴールドなのもお正月らしくっていいですね。

わたし達が行った日は巫女さんが1人で対応されてて大変そうでした。

 

朱印帳

 f:id:bukobuko1126:20170116164312j:plain

とても上質な紙でめちゃくちゃ薄い!普通の御朱印帳の半分ぐらいの厚さですがページが少ないわけでもなく、裏へ墨がにじまないように間に紙も入っている丁寧な仕上がりです。

大きいサイズでビニールカバーは無し、御朱印込みで2300円也。

星川杉山神社さんのTwitterで2月1日に予定数終了との報告がありました。 

また神社の社名が入った御朱印をいただきに参拝しに行きたいです。

福岡にある筥崎宮で鳩みくじをひいて御朱印をいただく

福岡の神社 日本三大八幡 筥崎宮

 

何度も福岡には来たことがあるのに「筥崎宮」の存在をまったく知りませんでした。

中洲川端あたりの櫛田神社住吉神社はよく知っているのにね。

テレビやガイド本への露出度に左右される…観光客の認知度ってこんなもんです。

なぜ、この神社を知ることになったかというと昨年の10月頃に東京丸の内にある出光美術館で大仙厓展なるものが開催されていました。

出光の創業者である出光佐三氏(海賊とよばれた男!)は仙厓の絵が大好きでたくさんの作品を収集したそうで、門司と丸の内に建設された美術館にその作品たちが所蔵されています。

出光美術館の所蔵品と福岡市美術館などから借りて来た作品とで前記の大展覧会が開催されたわけですが、その展示品の中に「 箱(筥)崎宮鳥居形陶硯」があったのです。

筥崎宮の鳥居をデザインした硯でとても迫力のある素敵な作品でした。

調べてみたらその鳥居が現存しているとのことだったのでこれはもー行くしかないと思い参拝することとなりました。

 

 一ノ鳥居

f:id:bukobuko1126:20170117072023j:plain

鳥居の裏側に「豊臣黒田筑前守長政建立」と刻まれております。写真には上手く写らなかったけど目視では確認できます。

黒田官兵衛の息子、長政建立!松阪桃李くんではないですか!!(大河ドラマに影響され過ぎ)

色味は黒っぽく表面に凹凸があるダイナミックで立派な鳥居です。かっこいい。

 

 楼門

f:id:bukobuko1126:20170117094943j:plain

 檜皮葺屋根建物自体よりも大きく重厚で遠くから見ても存在感があり、真下から見ると大迫力。

筥崎宮重要文化財は何もかもが男前でため息がでる。

  

f:id:bukobuko1126:20170117095024j:plain

手水舎から流れ出た水は神水として銭洗いに用いられています。

 

 鳩みくじ

f:id:bukobuko1126:20170117095138j:plain

この神社は鳩が大量にいます。

なんでかは知らないけど参道から社務所の屋根までたんまりと。 (鳩苦手です)

 

f:id:bukobuko1126:20170117095456j:plain

エサの自販機ありますもの。そりゃ居心地いいでしょう。(鳩苦手です。2回目)

 

f:id:bukobuko1126:20170117095234j:plain

けど、鳩みくじはひきました。

縁起物ですものね、おみくじも景品も楽しみですから。

メモ帳を貰いました。参加賞みたいなもんかな?使えるのでありがたいです。(鳩のイラストは好きです)

 

櫛田神社にもこの手のおみくじがありました。

はじめて見ましたけど、福岡では定番なのかなーと感じました。

 

 

 御朱印 

f:id:bukobuko1126:20170117095412j:plain

朱印帳を出すと奥に書き手さんがいらっしゃってそちらで書いてもらえます。

引換の番号札を貰えるので近くで待機。5分ぐらい待ったように思います。

シンプルでダイナミックな御朱印で好ましいです。

 

 

筥崎宮名物社日餅

f:id:bukobuko1126:20170117095320j:plain

これもたいがいの神社で見かけました。

普通のとよもぎの2種類でアツアツをいただけます。

神社によってお餅の柔らかさ、周りのパリパリ感が違います。 

 

大宰府櫛田神社宗像大社筥崎宮、、、筥崎宮のが1番好みです。周りパリパリタイプ!

 

時期的に参拝者が多かったけどおみくじに出店にとこの時期ならでは楽しみも多かったように思います。

また違う季節に参拝したいです。